保健師の転職応援サイト

保健師資格を獲得するための3つのパターン

保健師資格は国家資格です。 国家試験に合格しないえれば保健師資格を獲得することはできないです。 ここでは、保健師資格を獲得するための3つのパターンをご紹介いたしましょう。

共通している部分は保健師や看護師を養成する各種学校を卒業しなければならないことです。 一番目のパターンは、衛生看護科がある高等学校を卒業して、まずは准看護師の国家試験に合格し看護短期大学や看護学校を卒業して看護師の国家試験に合格することです。 その後、保健師養成学校で学習して保健師国家試験を受ける方法です。

二番目のパターンは、准看護師を経ずに衛生看護科がある高等学校を卒業して看護短期大学や看護学校を卒業して看護師の国家試験に合格することです。 その後、保健師養成学校で勉強して受験資格を得る方法です。 看護短大や看護学校で勉強する年数は3年間です。 准看護師から看護師の場合通う年数は2年間となりますので少し違います。

三番目のパターンは、統合カリキュラム校である看護専門学校や看護大学を卒業して、看護師国家試験と保健師国家試験に両方とも一度に合格するという方法です。 保健師国家試験に合格しても看護師国家試験が不合格のケースは保健師の免許も取得できません。

平成25年実施分から保健師の国家試験の試験科目は変更になりました。 これからは公衆衛生看護学・保健統計学・疫学・保健医療福祉行政論の4つの科目の試験を受けなければなりません。 全問題の約60%の正解が合格基準になっています。

年度によってこの合格基準は微妙にラインは変動しています。 毎年90パーセントの合格率になっていますから、きちんと準備を進めていれば大半の受験生は合格できるでしょう。 ただし試験を受けられるのは年1回です。 油断せずに1発合格を勝ち取るようにしましょう。

以上、保健師資格を獲得するための3つのパターンをご紹介いたしました。 ここまでは国家資格を得るための道のりにすぎません。 採用試験に合格しなければ実際に保健師として勤務できません。

↑ PAGE TOP