保健師の転職応援サイト

意外と幅広い保健師の仕事

人々の健康管理や健康増進が保健師の目的です。 保健師にもいろいろな働き方があります。 けれども対象者が地域住民・学校の生徒・従業員かという違いがあるだけで共通点も多いです。 健康を管理しなければならない人達と直接触れ合いアドバイスすることで満足してもらえた時にやりがいを感じることが多いです。

ここでは、意外と幅広い保健師の仕事についてお話したいと思います。

1番目は、行政保健師の場合です。 採用試験に合格した後に配属になる場所が決まります。 配属先によって仕事内容は大きく変わるでしょう。

老人福祉関係や母子福祉関係といった分野だけではありません。 直接的に健康相談を担当するセクションか関係機関との調整を行うセクションかによっても違いがあります。 保健師の中には役所として各種手続きなどを業務とする仕事もこなさなければなりません。

保健師資格を持っていても一般の「公務員」に近い仕事内容をしなければならないシーンもあるでしょう。 「保健師」本来の仕事をしたい人達にとってはギャップを感じてしまう仕事内容になるケースもあるのです。

2番目は、学校保健師の場合です。 このケースの大半は養護教諭として勤務をし生徒や保護者が対象者になります。 健康診断なども業務の一つで保健室で病気や怪我をした生徒の面倒を見なければいけません。

ケースバイケースで学校側からのリクエストで保健指導を行う場合はあるでしょう。 養護教諭の大切な役割は生徒のメンタルケアや悩みに答えてあげることです。 3番目は、企業保健師の場合です。 基本的にはその企業の社員として勤務をすることになります。 「健康管理や従業員の健康相談」「職場の健康対策」が基本的な仕事になるでしょう。

社員である以上は上司・企業の指示に従っていろいろな仕事をしなければなりません。 大半の企業では従業員の生活習慣病を予防するなどを行ってもらう仕事が多いです。 保健師という職業の範囲をあまりはみ出ない仕事内容が一般的です。

メンタルケアの対策を立てることやアドバイスを求められたりを要請されることが多いのは企業保健師も学校保健師と同様です。 メンタルヘルスについての知識を得るだけでは駄目です。 コミュニケーション能力を磨き勉強して、そうした人に親身になって接することも期待されています。 以上のように、保健師の仕事は意外と幅広いのです。

↑ PAGE TOP